開設のことば




ホームページ開設にあたって

顧問 木村和道

 当会は主に神奈川県内に在住又は在勤する慶應義塾大学通信教育課程卒業生の会であり、1971年(昭和46年)11月7日創立、現在約950人の会員により組織されています。
 福澤諭吉の3大事業の1つに「交詢社」の設立があります。先生は慶應義塾の教育の目的は学者を養成するのではなく、実社会に出て社会の先導者となるべき人物の育成にあると考えておられました。そして、塾を卒業した後は、本を読むのではなく、人と接し談笑する間にお互いに知識を交換し合う場の必要性を説かれ、これが後に拡大して、明治13年「交詢社」の設立となりました。交詢社は設立目的について、『知識ヲ交換シ世務ヲ諮詢スルコトヲ目的トスル』と記されております。
 当三田会も社会の先導者たらんことをお互いに切磋琢磨しつつ、知識を交換し、夢を語る場でありたいと願っています。
 今日、IT革命が叫ばれ、慶應義塾に於いても全塾員に対し電子メールにより連絡を図ることが発表されています。当会は21世紀の最初の年である2001年、創立30周年を迎えました。これもひとえに先輩役員幹事のたゆまぬ努力と会員諸兄のご協力の賜と感謝しています。このホームページが会員相互のタイムリーな情報交換の場となり、会の活性化に期することを祈念したいと思います。


トップページに戻る